礼金について詳しく教えて!

礼金について

礼金とは?

契約金の内訳で嫌われがちな「礼金」

ここでは礼金について詳しくご説明させて頂きます。

 

敷金は貸主へ預け入れるお金ですが、礼金は契約時に発生する一時金となります。

よって、礼金とは支払うお金となりますので、解約時にも戻らない種類のお金になります。

礼金の歴史について

関西エリアには礼金は掛からないと聞きます。

(関西は保証金が多いようです)

 

そもそも礼金とは、戦後の時代に遡ります。

当時、東京周辺は焼け野原で住む家が無くなってしまった際、下宿や家を貸してくれた大家さんに対し、「大家さん貸してくれてありがとう」と感謝の意味で包んだお金が礼金の始まりと言われております。

 

その名残りとして現代でも関東エリアには「礼金」として残っているようです。

礼金の性質は?

礼金の性質については大家さんによって使い道は変わってくるとは思いますが、賃貸契約締結時の謝礼、入居者入れ替え時、空室時など賃料を得られない期間への充当、自然損耗などの物件の維持管理費や現状回復費用など賃貸経営での経費などに充当する事が多いようです。

礼金なしの物件の注意点!

近年では「礼金なし」の物件が増えておりますが、必ずしも「礼金なし」がお得とは言えません。

 

礼金なしのお部屋は「礼金なし」の理由がある場合がありからです。

 

例えば「相場は○○万の賃料だけど、事情があり高めの○○万で貸したい」など相場より少し高い賃料で貸したい場合には礼金を相場より安くする事で入居者に選んで貰い易くするケースがあります。相場より賃料が高いケースですと、居住期間が長くなれば支払う賃料が多くなりますので、住む期間によっては礼金を支払った方が退去までの創支払いが安くなるケースもあります。

また、「礼金なし・敷金なし」ですが保証金1ヶ月などの他の名目で掛かるケースや契約期間に縛りがあるもの(短期違約金)もありますので、よく賃貸条件をご確認のうえで、ご検討してみて下さい。

礼金についてまとめ。

首都圏でお部屋を借りる条件で一番多いのは「礼金1ヶ月」と言われております。

基本的には条件の良い人気の高い物件は「礼金1ヶ月」、築古物件や駅から距離があるなど、一癖ある物件は「礼金なし」で初期費用がお得な物件が多く見受けられます。ご条件からご自身のライフスタイルに合う探したい場合は礼金1ヶ月位までのご予算の方が多くの物件からご検討頂けます。そして、契約時に礼金をお支払頂いても礼金なしのお部屋に比べると賃料が○千円安い場合もある為、住む期間によって月額で割るとお安くなる場合もありますので、契約金の総額と年間賃料を比較してご検討してみてみるのもお勧めです。

 

また、新築の際は一斉募集となりますので、「礼金なしキャンペーン」などのお得なキャンペーンの際はお勧めできますので、その際はご検討してみてください♪

 

株式会社アッドでは「礼金」の交渉なども積極的にやらせて頂いておりますので、

お気軽に担当までご相談頂ければ幸いです。